[PR]

 青酸化合物による連続不審死事件で、大阪、京都、兵庫、奈良4府県警の合同捜査本部は9日、京都府向日(むこう)市の無職筧(かけひ)千佐子容疑者(68)=2件の殺人罪と1件の強盗殺人未遂罪で起訴=を2013年9月に死亡した兵庫県伊丹市の男性(当時75)に対する殺人容疑で再逮捕し、発表した。千佐子容疑者の逮捕は4度目。

 捜査本部によると、千佐子容疑者は13年9月20日午後7時ごろ、伊丹市内のレストランで男性に青酸化合物を服用させ、同店駐車場に止めた車の中で青酸中毒に陥らせて殺害した疑いがある。千佐子容疑者は「青酸化合物を飲ませて殺しました」と供述しているという。捜査本部は、千佐子容疑者と男性は内縁関係だったとみている。

 捜査関係者によると、千佐子容疑者はこれまでの調べに対し、交際・結婚と死別を繰り返した10人以上の男性のうち、伊丹市の男性を含む8人の殺害を図った、と供述している。

 千佐子容疑者は夫の勇夫さん(死亡時75)と内縁関係の大阪府貝塚市の本田正徳さん(同71)への殺人罪、交際相手の神戸市北区の末広利明さん(同79)への強盗殺人未遂罪で起訴されている。