[PR]

 俳優の萩原流行(ながれ)さん(当時62)が4月、東京都杉並区でバイクで転倒し、後続車にはねられ死亡した事故で、警視庁は10日にも、萩原さんの前方で車線変更した護送車を運転していた男性警部補を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死)容疑で書類送検する方針を固めた。捜査関係者への取材でわかった。

 捜査関係者によると、男性警部補は4月22日午後6時5分ごろ、片側3車線の青梅街道で、護送車を左車線から中央車線に車線変更させた際、中央車線を走ってきた萩原さんのバイクとぶつかり、転倒した萩原さんが後続車にはねられ死亡する事故につながった疑いがある。警視庁は、後続の乗用車を運転していた男性についても、同じ容疑で書類送検するという。

 萩原さんは19歳の時に初舞台を踏み、舞台や映画、テレビで活躍した。