[PR]

 気象庁は10日、栃木県に大雨の特別警報を発表した。10日昼過ぎまで土砂災害や河川の増水に、10日明け方まで低い土地の浸水に警戒を呼びかけている。

関東甲信越、猛烈な雨の可能性

 台風18号は9日、愛知県の知多半島に上陸した後、東海~北陸地方を縦断して日本海に抜けた。台風の通過後も、関東甲信地方を中心に湿った空気が流れ込み、10日にかけて局地的に1時間に80ミリの猛烈な雨が降る可能性がある。気象庁は、栃木県に数十年に一度の降雨が予想されるとして大雨の特別警報を発表、土砂災害や河川の増水などに警戒を呼びかけた。

 気象庁によると、台風18号は9日夜に石川県輪島市沖を進み、同日午後9時に温帯低気圧になった。

 宇都宮地方気象台は同日夜、栃木県日光市(日光特別地域気象観測所)で、7日午後6時からの総雨量が400ミリを超え、50年に1度の大雨となっていると発表した。9日午後11時現在の72時間降水量は、栃木県日光市で428ミリ、神奈川県箱根町で359・5ミリ、静岡県伊豆市で351ミリを記録。10日午後6時までの24時間予想雨量は、関東甲信、東北地方の多いところで200ミリ。

 総務省消防庁のまとめでは、9日午後6時現在で、台風による大雨などの影響で全国で12人が重軽傷を負った。東京都八王子市や川崎市など、少なくとも計約67万世帯、152万人余に避難勧告が出された。