[PR]

 大雨は関東地方を中心にした南北の帯状の範囲で降り続いている。

 気象庁によると、東海―北陸地方を縦断して日本海に抜けた台風18号が変わった温帯低気圧に向け、太平洋側から非常に湿った空気が流れ込んでいる。このため、積乱雲が断続的に発生している。

 記録的な大雨になったのは、同じ地域に積乱雲がかかり続けていることが大きい。温帯低気圧を取り巻く南西から南の風と、太平洋の台風17号を取り巻く東風がぶつかり合っているためで、行き場のない空気が上昇することで積乱雲を発達させている。こうした状況が東西約200キロの幅の範囲で続いているという。

 気象庁の弟子丸卓也予報課長は記者会見で「台風の風がぶつかりあい、せきとめられるような形で帯状につながる例は珍しい。記憶にない」と話した。