[PR]

 政府は10日午後、首相官邸で関係閣僚会議を開いた。安倍晋三首相や山谷えり子防災担当相、高市早苗総務相らが出席し、被害の広がりや救助活動の状況などを確認。首相は「事態は重大な局面にある。被災者の救出、避難措置など被害拡大の防止に万全を期してほしい」と述べた。

 そのうえで、被災者の救命、救助に全力を尽くす▽取り残され、助けを求めている人がいないか、早急に状況を把握する▽自治体と連携し、住民の避難に万全を期す、の3点を指示した。