[PR]

 栃木、茨城両県を中心に記録的な大雨になったのは、低気圧と台風の位置関係によって、異なる向きから流れ込む二つの湿った空気が同じ地域で長時間ぶつかりあったためだ。

 気象庁によると、東海―北陸地方を縦断し9日に日本海に抜けて台風18号から変わった低気圧に向け、南西から暖かく湿った空気が大量に流れ込んだ。そこに、日本の東側の太平洋にある台風17号を取り巻く東からの湿った風が衝突。行き場がなくなった空気が上昇し、積乱雲を発達させた。

 東からの風が、南西からの空気の流れを押しとどめる形になったことで、大雨が降る範囲は広がらず、東西約100~200キロの幅に収まった。このことも雨が激しくなった一因だ。積乱雲は南北の帯状にずらりと並び、鬼怒川の流域とほぼ重なった。

 帯状の範囲の中でも茨城、栃木両県で雨が特に激しかったのは、二つの空気が最も強くぶつかりあったためとみられる。栃木県北部では湿った空気が山にぶつかって上昇し、積乱雲ができやすくなっていた可能性がある。

 南西から湿った空気をもたらした低気圧は、日本海で気圧の谷に差し掛かり北上する速度が遅かった。このため、雨が降る帯状の範囲もあまり移動せず、長時間同じ場所で大雨が続く原因になったとみられる。

 今回のように台風に関係する空気どうしがぶつかって帯状の範囲の大雨になるのは珍しいという。気象庁の弟子丸卓也予報課長は記者会見で「こうした例はあまり記憶がない。台風17号単独での雨の影響は少ないと考えていたが、(台風18号から変わった低気圧と)相互作用を起こしてこれほどの大雨になるとは(8日の時点では)予想できていなかった」と話した。(渡辺周)