[PR]

 大阪府寝屋川市の中学1年生の男女が遺体で見つかった事件で、府警は女子生徒の遺体を遺棄した疑いで逮捕した同市の契約社員、山田浩二容疑者(45)について、勾留満期の12日にも女子生徒に対する殺人容疑で再逮捕する方針を固めた。捜査関係者への取材でわかった。

山田容疑者は女子生徒の死体遺棄容疑で逮捕された直後に否認し、その後は黙秘を続けている。

 遺体で見つかったのは平田奈津美さん(13)と星野凌斗(りょうと)さん(12)。

 府警によると、平田さんは8月13日夜、大阪府高槻市で顔や両手首に粘着テープを巻かれた状態で発見された。死因は窒息死。山田容疑者の車内には微量の血液反応があった。山田容疑者は逮捕当初、「同乗者の男が車内で平田さんを殴り、気づいたら死亡していた」と説明していた。

 捜査関係者によると複数の防犯カメラ映像を解析するなどした結果、同乗者がいた形跡は確認されなかった。府警は、平田さんの死亡に関与した疑いがある人物は山田容疑者のほかにいないと断定。山田容疑者が同日、京阪電鉄寝屋川市駅前で2人を連れ去った後、何らかの方法で平田さんを窒息死させた疑いが強いと判断した。

 星野さんの遺体は8月21日夜、大阪府柏原市の竹林で見つかった。