[PR]

 JR東日本仙台支社は11日、大雨で雨量計が基準値を超えたため、東北線など宮城県内の7路線で始発から運転を見合わせると発表した。東北新幹線は平常通り運転する。

 東北線は仙台―白石、仙台―一ノ関、仙台―仙台空港、岩切―利府を正午まで、藤田―白石を午後3時ごろまで運休する。常磐線の仙台―浜吉田、仙石線のあおば通―石巻、石巻線の小牛田―女川、気仙沼線の小牛田―柳津は正午まで、仙山線の仙台―山形は午後5時ごろまで、陸羽東線の小牛田―新庄は終日運休する。

 雨が激しくなると、運転再開がさらに遅れる可能性があるという。