拡大する写真・図版 鬼怒川と平行する小貝川も水位が上がり、集落一帯が冠水していた=11日午前6時30分、茨城県常総市、池田良撮影

[PR]

 鬼怒川の決壊から一夜明けた11日も、被災した茨城県常総市では、孤立した市民の救出作業が続いた。朝になっても水は引かず、被害の全体像や不明者の行方はつかめぬまま。避難所で過ごす被災者は不安を募らせる。新たに河川が決壊した宮城県大崎市でも、浸水で多くの市民が孤立している。

 11日朝、常総市の石下総合運動公園などには、孤立した自宅や施設で夜を過ごした人たちが、救助のヘリコプターで続々と運ばれた。

 「助かった」。同市大輪町の会社員石塚里美さん(27)はヘリから降りると、そうつぶやいた。家族や親戚11人と水海道地区の祖父の家で夜を明かした。

 10日午後6時ごろ、2階に駆け上がると、みるみるうちに水が上がってきた。2時間ほどで1階部分は完全に浸水した。1階から運び出した500ミリリットルのペットボトルのお茶1本とおにぎり2個を1口ずつ、みんなで分け合った。「海か滝のようだった」。氾濫(はんらん)した水が流れていくザーッという音が、停電した暗闇に響いた。鳴りやまない避難を呼びかける防災無線。流れ着いた灯油やガソリンのタンクが、異臭を放った。

 寒い。3枚の毛布に12人が身を寄せ、小さく固まった。何度かベランダに出ては、「これ以上水があふれないといいね」。弟や妹と励まし合った。

 父親が何度か110番通報をして助けを求めたが、「明日の朝まで待ってください」と言われ、みんなで落胆した。放心状態で、ほとんど言葉を交わさなかった。

 石塚さんはこの日、休みを利用して、伯父一家と一緒に、刈った稲を納屋で干す作業を手伝っていた。「水があふれているので、近くの学校に避難してください」「停電しているので、注意してください」。流れ続ける防災無線が気にはなっていたが、「まさかここまでは来ないよね」と思った。

 それが夕方に入って水位が上がり、靴が茶色い水で見えなくなった。田んぼを見ると、用水路から水がゴボゴボとあふれるのが見えた。「まずい」と作業を中断し、母屋の2階に全員で駆け上がった。

 11日早朝、ヘリコプターの音が聞こえ、ベランダに駆け出た。カレンダーの裏紙に「ここに12人います」と書き、空に向けて掲げ続けた。「怖くて怖くて、生きた心地がしませんでした」。石塚さんは乱れた髪を直しながら振り返った。

 常総市三坂新田町の農業茂呂英世さん(70)は一切の連絡手段を持たないまま、一夜を過ごした。10日夕に浸水が始まり、平屋建ての自宅から、2階建てのイチゴ栽培作業場に避難した。だが水は胸の高さにまでなっていた。携帯電話は避難中に流されてしまい、救助要請もできなかった。

 外部からの情報が一切入ってこない中で「これ以上水が増えることはねぇと思ってたけど、さすがに不安だったね」とほとんど眠れない夜だった。

 11日午前7時前、作業場のひさしの上に出て、上空のヘリに向かって大きく手を振って救助を求めた。避難場所の石下総合運動公園に運ばれ、「地面に足が着くのはいいもんだね」とホッとした表情を見せた。

 常総市のスーパー「アピタ石下店」では11日朝、客や従業員数十人がボートやヘリコプターで次々と救出された。専門店の女性従業員(32)によると、10日午前9時のオープンから間もなく、裏の用水路から水があふれ、すぐに1階の入り口の高さを越えた。客や従業員らは2階に避難。電気は通じ、2階の雑貨店に飲み物や食料もあるため、みな落ち着いた様子だった。夜には2階に約20人が布団を敷いて横になった。

 11日午前5時過ぎ、この従業員はヘリコプターの音で目覚めた。妊婦や体の悪いお年寄りから先に救出された。「とりあえず安心したけど、行方不明の方もいるので素直に喜べない」

 高齢者ら81人が孤立状態になった特別養護老人ホーム「L・ハーモニー石下」。入所者57人とスタッフ24人全員が2階部分で不安な一夜を過ごした。ケアマネジャーの木村強さん(35)は「入所者の方が健康で何よりだ」。

 10日午前2時すぎ。避難指示の後、入り口部分に土囊(どのう)の代わりに、ふとんや枕でドア部分を塞いだ。午前8時ごろには1階の入所者18人をエレベーターで2階に上げた。昼過ぎに周辺が70センチほど浸水し、1階部分に泥水が流れ込んだ。

 断水に加え、11日早朝からは停電に。入所者の中には寝たきりの人や持病のある人もいる。木村さんは「万が一のときに医療機器が使えるよう、予備電源を確保したい」。施設内には備蓄もあるが、食料や簡易トイレも十分ではないという。「かなり長引くと思う。この先が不安だ」

 常総市によると、11日午前11時現在、逃げ遅れて市に救助を求めている人は592人に上るという。

避難所、募る不安

 被災者は避難所で寝付けないまま朝を迎えた。

 あふれた水に囲まれ、孤立していた常総市新石下の「市地域交流センター」。11日午前5時ごろに訪れると、ロビーや通路で、市民らが椅子やソファに腰掛けたまま眠り、床に寝転んで休息を取っていた。市職員によると、約1千人が夜を明かしたという。

 段ボールと新聞紙を敷いて横になっていた同市収納谷(すのうや)の会社役員、大和田英雄さん(59)は「毛布も水も食料も不足し、水をもらえたのは昨夜の10時ごろ。こんなに大変とは思わなかった」。自宅がどこまで浸水したのか、置いてきた車2台は大丈夫か。不安が募る。「もう家に帰りたい」

 断水の影響でトイレは流せず、排泄(はいせつ)物の臭いが施設全体に広がる。

 施設の外では、浸水した地区を数十人の避難者が不安そうに見つめていた。茨城県八千代町の会社員女性(52)は、常総市新石下の職場が浸水し、避難してきた。「ここは安心だけど、寒いし、パイプ椅子では全然眠れなかった」。避難途中に寄った薬局でもらったバスタオルを2枚重ねて肩にかけ、暖をとった。日が昇り、周囲の水位が下がると、女性を含む避難者らは次々に避難所を後にした。

 常総市によると市内に開設した避難所は32カ所。避難者数は5519人(11日正午現在)にのぼる。

 市立岡田小学校には約130人が身を寄せている。西野竹子さん(74)は同市三坂町から逃れてきた。ガソリンスタンドを経営する知人の男性と連絡が取れていないという。「大丈夫だろうか。テレビで何回も決壊現場が映るが、スタンドが跡形もない」と安否を気遣った。

避難場所なのに市役所も孤立

 避難場所となった茨城県常総市の本庁舎と隣接した議会棟も10日夜から、氾濫(はんらん)した泥水に囲まれた。11日朝の段階で停電や断水が続き、食料を届けるのも難しい状況だ。避難した住民約400人や職員、自衛隊員、消防署員、報道関係者ら計1千人近くが夜を明かした。

 市職員らは10日夕に持ち込んだ発電機で携帯電話を充電しながら、情報を集めている。11日朝になっても、建物玄関付近の水かさは大人の腰あたりまであった。扉には「2人がかりでやっと」(自衛隊員)という水圧がかかっており、出入りもままならない。

 建物は昨年11月に完成したばかりの鉄筋3階建て。1階を避難所としたが、水かさが増したため2階に移した。近くから避難した会社員新井慎也さん(46)は「市役所は安全だろうと判断して避難してきた。もっと早く市役所が水につかりつつあると知らせてもらえれば、遠くに逃げられたのに」と話した。

 市によると、庁舎が比較的低い土地にあり、決壊した水が押し寄せたことで、浸水につながったという。

 10日昼すぎまでは近くの弁当店などで食料を調達できたが、閉店してしまった。乾パンなどの非常食は数キロ離れた高台にある施設に保管してあるため、市職員が取りに行けず、自衛隊に相談している。市の飯田恒夫人事課長は「なんともならない状態です」と話す。

 常総署の周囲の道路も冠水が続く。道路より高い場所にある署は浸水していないが、ボートを使わないと出入りできない。警察官がボートで住民を救助し、署の道場で受け入れ始めた。