[PR]

 福島県川俣町や楢葉町などでは11日、大雨の影響で東京電力福島第一原発事故に伴う除染で出た汚染土などの仮置き場7カ所で冠水するなどした。

 このほか全村避難が続く同県飯舘村では、除染で刈った草などを詰めた「フレコンバッグ」と呼ばれるポリエチレン製の黒い袋(1立方メートル)が少なくとも82袋、除染現場から川に流れた。このうち45袋は回収できていないという。

 飯舘村では宅地周りの除染がほぼ終わり、農地除染が始まったばかり。村内のあちこちに黒い袋が山積みになっている。

 環境省福島環境再生事務所によ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら