[PR]

 文部科学省の外局として10月1日に発足するスポーツ庁の初代長官に、日本水泳連盟会長の鈴木大地氏(48)の就任が決まった。政府が11日の閣議で了解した。鈴木氏は1988年ソウル五輪の競泳男子100メートル背泳ぎ金メダリスト。中央省庁のトップに、異例の若さで選ばれた鈴木氏は、国体の会期前競技が行われている和歌山市内で会見し、「泳ぎは後ろ向き(背泳ぎ)でしたけど、前向きに頑張る」とユーモアを交えて抱負を語った。

 スポーツ庁の設置の狙いは、これまで縦割りだったスポーツ行政の効率化だ。長官の所管分野は、2020年東京五輪・パラリンピックに向けた競技力向上から、地域スポーツの振興まで多岐にわたる。

 13年に日本水連会長に就任後、強化に成功し、財務体質も改善した鈴木氏は、スポーツ庁では「強化は(あくまで)柱の一つ」と話し、「健康寿命の延伸、地域の活性化、国際貢献、経済の発展……。総合的に盛り上げて、全国民が健康で文化的な生活を送れるようにサポートしていきたい」と決意を述べた。

 発令は10月1日付で、任期は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも