[PR]

 安倍晋三首相は11日、共産党が提示した自衛隊の河野克俊(かわのかつとし)統合幕僚長の訪米記録とされる文書について、「示された資料と同一のものの存在は確認できなかった」と述べた。安全保障関連法案を審議する参院特別委員会で、共産党の仁比聡平氏の質問に答えた。

 文書には河野氏が米国防総省幹部に対し、新型輸送機オスプレイ導入への国民感情について「不安全性をあおるのは一部の活動家だけだ」と語ったとの記載がある。同委で中谷元・防衛相は河野氏から訪米時の発言を聴取したとして、「(発言内容に)不適切な点はなかった」と述べた。

こんなニュースも