[PR]

 仏高級ブランドのエルメスは11日、バッグなどの素材となるワニの取り扱いについて、人気バッグ「バーキン」の名前の由来となった女優・歌手のジェーン・バーキンさんに「納得いただいた」と発表した。バーキンさんは、製造過程でワニを残酷に扱っているとして、「(ワニ革の製品は)違う名前にしてほしい」と訴えていた。

 発表によると、問題だと指摘を受けた米テキサス州の提携先などで、ワニの取り扱いに問題がないと確認したという。今後、問題が生じたら、ただちに取引をやめるとも表明。エルメスは、これからもバーキンの名を使い続ける見通しだ。

 バーキンは、おしゃれで高級感がありながら、実用性も高いバッグ。世界中のファンが順番待ちも辞さずに買い求めている。(パリ=青田秀樹)