[PR]

 京都市左京区岩倉幡枝(はたえだ)町の住宅で男女2人の遺体が見つかった事件で、京都府警は12日未明、この住宅に住む斉藤裕(ひろき)容疑者(30)を男性の遺体を遺棄した疑いで逮捕し、発表した。斉藤容疑者は遺棄容疑を認め、2人を殺害したとする趣旨の供述もしているという。

 府警によると、斉藤容疑者は8月上旬~中旬、同居していた赤羽敬(あかはねたかし)さん(当時54)の遺体をスーツケース内に入れ、居間に遺棄した疑いがある。一方、女性は斉藤容疑者の母親とみられ、2人は住民登録をして赤羽さんと一緒に生活をしていた。

 赤羽さんと女性の遺体は8日に見つかった。2人の頭や顔には鈍器で殴られたような痕があり、家の玄関や窓は施錠されていた。斉藤容疑者は行方が分からなくなっていたが、11日夕に京都市南区内で母親名義の軽乗用車に乗った斉藤容疑者を捜査員が発見。任意同行を求めて事情を聴いたところ、事件への関与を認めたという。