[PR]

 福岡の棒ラーメン、秋田の稲庭うどん、名古屋のきしめん。国内各地で親しまれている「ご当地麺」が続々と海を渡っている。日本食の人気が世界に広まり、日常的な食べ物への関心が高まっている。円安も追い風だ。

 とんこつ味で知られる棒ラーメン。海外での売れ行きが好調のため、マルタイ(福岡市)は10月から、生産量を3割増やす。

 同社はカップ麺の不振などで2015年3月期まで2年連続の最終赤字だったが、16年3月期は3年ぶりの黒字を見込む。棒ラーメンの輸出額は前年の2倍を超える見通しだ。台湾や香港に加え、今後はマレーシアやシンガポールでの販売も検討していく。

 農林水産省によると、即席麺やうどん、そば、そうめんといった麺類の今年1~6月の輸出額は36億円。前年の同じ時期より2割多く、統計のある06年以降で最も多かった。「現地生産も増えているが、日本製を好む消費者が増えている」と同省の担当者は話す。

 麺類を売り物にする外食も、海外進出を加速させている。

 稲庭うどんの老舗、佐藤養助商店(秋田県湯沢市)は東京や福岡のほか台湾や香港にも店を出しており、海外での販売量が全体の1割を超えた。値段は国内よりやや高めだが、客足は好調。7月には台湾2号店を台北郊外に開いており、上積みをめざす。

 日本そばが売り物の和食レスト…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも