[PR]

 日本野球機構(NPB)は14日、阪神甲子園球場で12日に行われた阪神―広島戦で、本塁打性の飛球を巡るビデオ判定が誤りだったことを認め、謝罪した。審判の判定についてNPBが「誤審」を認めるのは極めて異例。実際は本塁打だった打球が三塁打となったが、試合は引き分けで成立しており、記録の訂正はしないという。熊崎勝彦コミッショナーは「断じてあってはならないこと。多くのファン、球団、選手ら関係者におわびしたい。徹底的に検証して、再発防止に努める」と語った。プロ野球では2010年から本塁打を巡る判定に限りビデオ判定が導入されたが、NPBがビデオ判定の誤りを認めたのは初めて。

 誤審があったのは2―2で迎えた十二回表1死。広島の田中が中堅左へ放った飛球はフェンス上部付近からグラウンドにはね返った。審判はフェンスを越えていないと判断。広島側の抗議で審判団はビデオ映像を確認したが、改めて本塁打ではないと判定した。田中は三塁まで進塁しており、そのままプレー続行。広島は得点できず、試合は2―2のまま引き分けた。

 この飛球について、広島側は試合後、NPBにビデオ映像の検証を求めた。NPBは改めて審判団とともにビデオ映像を確認したところ、打球がフェンスを越えていたと判断できた。このため判定の誤りを認める異例の措置をとった。打球は、観客のグラウンド侵入を防ぐためスタンド側にワイヤを張って作られた「忍び返し」といわれる防止柵に当たってグラウンドにはね返ったとみられる。

 NPBの杵渕和秀セ・リーグ統…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら