[PR]

 北朝鮮の国家宇宙開発局長は14日、10月10日の朝鮮労働党創建70周年に向けた事業の成果として、「気象予報などのための新たな地球観測衛星の開発を最終段階で進めている」と語った。朝鮮中央通信が伝えた。「より高度な衛星を打ち上げる衛星発射場を改築、拡張する事業が成功裏に進んだ」とも述べた。

 局長の発言は、平安北道東倉里(トンチャンリ)にある長距離弾道ミサイル実験場の発射台改修工事に言及したものとみられる。日米韓は14日まで、同実験場での、ミサイル発射に向けた具体的な動きは把握していない。

 北朝鮮は南北対話を進める一方、70周年に向けて国威発揚の必要にも迫られている。局長の発言は、南北対話を有利に進める駆け引きの可能性もある。(ソウル=牧野愛博)

こんなニュースも