[PR]

 6月に死んだ和歌山電鉄の「たま名誉永久駅長」を同社の秘蔵写真で振り返る写真展が18日から、たま駅長をモチーフにした「たま電車」内で催される。同社の社員らによる掲示作業が15日、和歌山市の伊太祈曽駅であった。

 展示された写真は、たま駅長が貴志駅(和歌山県紀の川市)の駅長に正式に就任した2007年1月からの8年間をとらえた43枚。B3判で、誕生祝いや昇進式、ニタマ駅長とのツーショット、駅舎前でのポーズ写真などが中づりで掲示されている。中には抱かれて笑っているように見えるカットもあり、いろんな表情を見せている。

 展示期間は11月4日まで。たま電車の運行ダイヤは和歌山電鉄のホームページで。(広津興一)