【動画】食紀行 ゆず@大分県日田市=長沢幹城撮影
[PR]

 さわやかな香りとピリッとしたからさ。鍋物などによく合う「ゆずこしょう」は、九州では昔からなじみのある薬味だ。発祥の地は大分県や福岡県など諸説ある。材料のユズと唐辛子が実る秋に作り始めると聞き、生産地の一つ、大分県日田市中津江村を訪ねた。

 うねうねとした坂道を車で上ると、空が開けて、十数軒の集落が現れた。大分県は全国有数のユズ産地。迎えてくれた農家の渡辺辰已(たつみ)さん(75)もユズを作っている。自宅裏の畑では、濃い緑色のユズがたくさん実っていた。「今のは青ユズ。10月に黄色くなる」という。

 渡辺さんにとって、ゆずこしょうは家庭の味だ。幼い頃は、祖母や母親がすりこぎですって作ったものを汁物に入れていたという。「寒い冬に食べると、体がぽかぽかしたなぁ」

 その歴史を知りたくて、地元の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース