[PR]

 シリア文化省で遺跡保存を担当する文化財・博物館局のマムーン・アブドルカリム局長(48)が15日、朝日新聞記者と会見した。過激派組織「イスラム国」(IS)による世界遺産パルミラ遺跡の破壊は中枢の神殿にとどまらず、周辺にも拡大しているとして「極めて重要な古代遺跡が消滅してしまう」と警告した。

 アブドルカリム氏によると、住民の証言や国連機関の衛星写真調査で破壊が確認されたのは、①遺跡を象徴するベル神殿の本殿と列柱②バール・シャミン神殿③遺跡西側に広がる「墓の谷」の墓9カ所と塔墓④パルミラ博物館のライオン像――など。ISは博物館を監獄に変え、一部はパン工場にしているという。

 シリア文化省はISがパルミラに迫った昨年5月、遺跡の元管理責任者で、世界的に著名な考古学者ハレド・アサド氏が中心となって、パルミラ博物館などが所蔵していた神像やローマ時代の胸像など約400点、陶器など美術・工芸品数百点を急きょ別の場所へ移動させた。

 シリアでは内戦以降、各地の遺…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも