[PR]

 参院で審議中の安全保障関連法案について、自民、公明両党の幹事長ら幹部が16日、都内で会合を開き、今週内に法案を成立させる方針を改めて確認した。16日夕に参院特別委員会で審議を締めくくる総括質疑を行い、16日夜か17日に特別委で採決し、18日までに参院本会議での成立をめざす方向。民主など野党は内閣不信任決議案などを提出し、抵抗する構えだ。

 参院特別委は16日午後から横浜市で地方公聴会を開いた。与党推薦の公述人として伊藤俊幸・前海上自衛隊呉地方総監と渡部恒雄・東京財団上席研究員、野党推薦で広渡清吾・専修大教授と弁護士の水上貴央氏が意見を述べる。終了後、同日夕から締めくくりの質疑が国会で予定されている。

 自民の佐藤勉国会対策委員長は公明との会談後、記者団に「(法案を)今週中に通して頂くのが我々の願望。参院の行方をしっかりと見守り、サポートしていく」と語った。

 法案採決が迫るなか、自民は16日午前、当選1、2回の衆院議員約100人を集めた。佐藤氏が「いよいよ今国会のフィナーレが近づいている。最後は一体となって法案を仕上げよう」と呼びかけた。野党が衆院に内閣不信任案を出す見通しであることから、自民は衆参の所属議員に18日までは国会近くに待機するよう「禁足令」を出した。

 出席者によると、国対幹部は参院本会議での法案成立は17日深夜から18日未明になると見込まれることを説明。国会近くでは大規模なデモが行われることが予想されており、「外の人たちとはくれぐれもトラブルにならないようにしてほしい」と注意したという。

 民主は締めくくりの質疑の開催に反発し、与党がさらに採決に踏み切れば内閣不信任案などを提出する構えだ。同党も衆参の所属議員に「禁足」をかけた。岡田克也代表は16日午前の議員集会で国会周辺のデモに触れ、「民意を体現するため、一致団結して努力しよう。(与党の)たくらみを阻止しよう」と訴えた。

 一方、自公両党と、野党の次世代の党、日本を元気にする会、新党改革の3党の党首は16日午前、国会内で会談した。野党3党の求める自衛隊派遣時の国会の関与強化について、安倍内閣の閣議決定や国会の付帯決議によって担保することで合意した。3党は法案に賛成する方針。安倍晋三首相(自民党総裁)は会談後、「できる限り多くの政党の支持を得たいと思っていた。合意が成立したことは本当に良かった」と記者団に語った。公明の山口那津男代表も合意を受け、「採決の前提が整っている」と語った。与党は3党の賛成で、「採決強行」との印象を薄める狙いがある。

こんなニュースも