[PR]

 私立済美高校(松山市)は16日、野球部員に暴力を振るった教員の男性コーチ(29)を50日間の謹慎処分とし、愛媛県高校野球連盟に報告したことを明らかにした。処分は7~8月で、教員はすでに職場復帰し、コーチとして指導もしているという。

 済美高によると、コーチは1月中旬と2月上旬の放課後、1年生だった男子部員に殴るなどの暴力を振るった。同校は「けがはなかった」としている。この部員は学校側に「言葉の暴力も受けた」「ストレス性障害と診断された」と伝えているという。

 野球部はいじめ問題で昨年8月から1年間の対外試合禁止処分を日本学生野球協会から受けており、今回の問題はその期間中に起きていた。野沢善浩校長は取材に「心よりおわび申し上げる」と説明。愛媛県高野連は「コーチを処分をしたとの報告は受けている」としている。

 済美高野球部は2002年に創設され、甲子園には春夏通算で6回出場。04年春に優勝、04年夏と13年春には準優勝している。