[PR]

 次期米大統領選の共和党候補者指名争いに向け、支持率上位の11人によるテレビ討論会が16日あり、首位を走るドナルド・トランプ氏(69)に対し、他候補から資質を疑問視する発言が集中した。本命視されながら現在3位のジェブ・ブッシュ元フロリダ州知事(62)も反転攻勢を狙って攻め立て、トランプ氏が守勢に回る場面もあった。

 「次の大統領には安定性と世界がどう機能しているか理解する必要がある。あなたはこうしたことを語らず世界のリーダーをこけにしてばかりいる」

 ロサンゼルス近郊であった共和党第2回テレビ討論会。ブッシュ氏はこうトランプ氏にかみついた。

 トランプ氏は、これまで控えめなブッシュ氏を「低エネルギー」と批判。当初首位だったブッシュ氏の支持率は今月に入って1桁台に落ち込み、反転攻勢を狙った格好だ。

 資金提供者から多額の援助で政…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら