[PR]

井上哲士・共産党参院議員

 (安全保障関連法案の採決で)いったい何がおきたのか、そもそも動議が出たのかどうかも、委員長が何を発言したのかも誰もわからない。そして、私は自民党席の前にいたが、彼らも何もわからないまま立っていただけですよ。だからこれは全く無効。そして、そもそも法案自身が憲法違反だけれど、このやり方自身が本当に民主主義を壊すやり方で、断じて認められない。(国会内で記者団に)

関連ニュース