[PR]

 集団的自衛権の行使を認める安全保障関連法案をめぐり、与野党の国会攻防は18日、最終局面を迎えた。与党は午後にも参院本会議で法案の採決に踏みきり、成立を図る方針だ。これに対し、民主党は参院に安倍晋三首相への問責決議案を提出した。午後には野党5党で衆院に安倍内閣不信任決議案を出す。

 民主、維新、共産、社民、生活の党と山本太郎となかまたちの野党5党は18日午前、国会内で党首会談を開いた。衆院に内閣不信任決議案を共同提出することで一致。参院でも安倍首相に対する問責決議案を出して抵抗する方針を確認した。

 会談には、民主の岡田克也代表、維新の松野頼久代表、共産の志位和夫委員長、社民の吉田忠智党首、生活の玉城デニー幹事長が出席。岡田氏は会談後の記者会見で「事態は非常に重大な局面に来ている。法案の成立を阻止するためにあらゆる努力を重ねる。内閣不信任案を最も効果的なタイミングで提出する」と訴えた。17日の特別委の採決強行に対しても「有効に採決が成立しているのか極めて疑わしい」と批判した。

 参院本会議では17日午後、与党が安保関連法案を緊急上程したことを受け、民主が17日夜から18日午前にかけ、中川雅治参院議院運営委員長の解任決議案、中谷元・防衛相の問責決議案、山崎正昭参院議長の議長不信任決議案、安倍首相の問責決議案を相次いで提出した。

 本会議は、廃案に持ち込みたい野党が、長時間演説によって議事を引き延ばす作戦に出た。これに対し、与党は討論時間などを「10分以内」とする動議を賛成多数で可決させ、抵抗を封じ込めた。

 18日午前2時過ぎ、防衛相問責案が与党などの反対多数で否決された後、休憩。同日午前10時に再開され、議長不信任決議案も与党などの反対多数で否決された。午後1時、首相問責決議案に関する本会議が始まった。

 安倍内閣不信任決議案が衆院に提出されると、衆参すべての審議がストップする。安保関連法案の本会議採決は18日夕以降にずれ込む見通しだ。

【17日】

21:05 民主党が中谷元・防衛相の問責決議案を参院に提出

21:25 中川雅治議運委員長の解任決議案が参院本会議で反対多数で否決

【18日】

00:10 中谷防衛相の問責決議案をめぐり、参院本会議を再開。壇上での発言時間を制限する動議を与党が提出、可決。「言論封殺の国会だろ」とヤジが飛ぶ

02:03 中谷防衛相の問責決議案が否決。賛成89、反対143。参院本会議は休憩

09:00 民主、維新、共産、社民、生活の党と山本太郎となかまたちの5党の党首らが国会内で会談。衆院に内閣不信任決議案、参院に安倍晋三首相の問責決議案を提出することで一致

同   雨のなか、国会正門前で法案に反対する人たちが抗議活動を始める

10:00 参院本会議が再開。山崎正昭参院議長の不信任決議案を審議。壇上での発言時間を制限する動議を与党が提出、可決

10:05 菅義偉官房長官が記者会見。「一部の野党が女性を含む大勢の議員を、一昨日に動員して鴻池(祥肇参院特別委)委員長の委員会室への移動を力ずくで阻止するなど、物理的に審議を妨害する動きがあったことは極めて残念だ。採決にあたっては10党のうち5党が賛成しているわけだから、強行採決でないことはまさに明々白々だ」

11:00 ソウル市内の在韓日本大使館前で、安全保障関連法案をめぐり日本政府を批判する集会が始まる

11:03 民主党が安倍首相に対する問責決議案を参院に提出

11:25 山崎議長の不信任決議案が否決。参院本会議は休憩

13:01 参院本会議が再開

こんなニュースも