「日本サッカーの父」と呼ばれ、1968年メキシコ五輪で銅メダルを獲得したサッカー男子日本代表の礎を築いたドイツ人のデットマール・クラマーさんが17日、自宅があるドイツのライトインビンクルで亡くなった。90歳だった。

 ドイツ・ドルトムント生まれ。60年に東京五輪へ向けた日本代表のコーチとなり、来日。64年東京五輪のベスト8へ導いた。その後、日本を去ったが、68年メキシコ五輪でもアドバイザー的な役割で銅メダル獲得という快挙を果たした日本代表を支えた。

 離日する際には、国内リーグの創設、指導者の育成、日本代表の定期的な海外遠征、芝生のグラウンドの増設、高校年代の担当を含めた日本代表コーチの常設を提言した。日本サッカー協会は65年に日本リーグを創設、69年に国際サッカー連盟のコーチングスクールを開いて指導者養成を始めるなど、クラマーさんの提言を少しずつ実現させた。

 メキシコ五輪後はドイツの強豪バイエルン・ミュンヘンの監督になり、欧州チャンピオンズカップ(現在の欧州チャンピオンズリーグ)で2度優勝した。国際サッカー連盟の巡回コーチも務め、韓国や中国など約90カ国で指導した。

 日本と韓国の共同開催となった02年ワールドカップ(W杯)などでたびたび来日。05年には日本協会の殿堂入りも果たした。