[PR]

佐藤勉・自民党国対委員長

 国民の理解が深まれば深まるほど、「この法案を通してよかったな」という思いは間違いなく生まれてくると思います。自衛隊が発足したときの感覚と、この法案は結構似ていて、かなり後になって「やってよかった」と評価されると思いますし、一朝一夕でみなさんに浸透するなんて話はならないと思います。

 日本をとりまく(安全保障)環境をしっかりと見極めていただくことが、近い将来、必ず出てくるのではないかと。そんなことはあっちゃいけないんだけど。私が生きているうちか、子どもや孫の時代なのか、分かりませんし、明日そういう事態が生まれるかもしれないという緊張感を持てた法律だと思います。国民の意識の中にこういう危機意識みたいなものを徐々に持っていただくことは必要だとの思いで、この法案に携わってきました。(安全保障関連法案成立後、国会内で記者団に対して)

関連ニュース