[PR]

 外務省は18日付で、同省ホームページ(HP)から8月にいったん削除した「歴史問題Q&A」の内容を更新し、再掲載した。安倍晋三首相が出した戦後70年談話を踏まえた改訂で、先の大戦に対する認識の説明を簡略化する一方、「将来世代が謝罪を続ける状況を作ってはならない」などの表現を加えた。

 同省は首相が談話を出した8月14日、突然ページを削除。その後、国会で質問が出ると「談話を踏まえ、現在改訂中です」とのただし書きを掲載。どのように改めるかが注目されていた。安全保障関連法が成立した18日夜から19日未明にかけて、再掲載された。

 改訂前は、先の大戦に対する認識について「植民地支配と侵略によって、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えました」としたうえで、「痛切なる反省と心からのお詫(わ)びの気持ちを常に心に刻み」などと明記していた。

 再掲後はアジア諸国への「植民地支配と侵略」には直接言及せず、「これまで戦後50年にはいわゆる『村山談話』、戦後60年にはいわゆる『小泉談話』が出されていますが、それに加え、戦後70年目の節目に談話が閣議決定されました」と、各談話のリンク先を紹介するだけになった。

 そのうえでHP上では、「先の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも