小泉内閣で財務相を務め、「塩爺(じい)」の愛称で親しまれた塩川正十郎(しおかわ・まさじゅうろう)さんが19日午前10時15分、肺炎のため、大阪市内の病院で死去した。93歳だった。通夜は23日午後6時、葬儀は24日正午から、大阪府吹田市桃山台5の3の10の公益社千里会館で。喪主は長男耕士(こうし)さん。

 1921(大正10)年、大阪府生まれ。44年に慶大経済学部を卒業後、大阪府布施市(現・東大阪市)助役などを経て、67年の衆院選で旧大阪4区から立候補し、初当選。通算11期務めた。

 安倍晋三首相の父、晋太郎氏が率いた自民党安倍派(現細田派)では、森喜朗元首相、三塚博元蔵相、加藤六月元農林水産相とともに「安倍派四天王」と呼ばれて頭角を現した。宇野内閣では官房長官に就いた。

 小泉純一郎元首相の後見役的な存在となり、2001年、79歳で小泉内閣の財務相に就任。穏やかな関西弁が特徴で、03年の国会答弁では「母屋(一般会計)でおかゆを食っているのに、離れ(特別会計)ではすき焼きを食っている」と答弁し、特別会計改革の必要性を訴えた。03年に政界を引退した。

 東洋大総長や報道番組のコメンテーターも務めた。

 関西棋院の前理事長。