[PR]

維新の党・井坂信彦政調会長

 (安全保障関法案の成立は)やはり暴挙だと思う。維新の党は、建設的な議論ができるように総合的な独自案を出した。にもかかわらず政府与党は独自案を十分に審議せず、採決すらしなかった。

 (安倍政権は)「対案を出せ出せ」「出せば真摯(しんし)に対応する」と言っていたのに、結局最後はこうなるのか。対案による建設的な議論を無にするものだ。

 (法案の審議は)答弁が二転三転してボロボロだった。たとえば中東・ホルムズ海峡の(機雷除去の)問題。衆院ではこれがあたかも唯一の(集団的自衛権行使の)具体例であるかのように延々答弁した。だが最終盤、参院では「具体的には現実的に起こり得ない、想定していない」と答弁を百八十度転換した。

 こういう議論を続ければ続けるほど、中身が分からなくなってくる。「国民の理解を深める」とおっしゃっているが、私は原案に穴がある、問題があると思っている。(NHKの「日曜討論」で)

こんなニュースも