益子焼で知られる栃木県益子町。地元の観光協会によると、窯元は約260、陶器店は50を数えます。そんな芸術の街に、天皇陛下が70年前の1945年8月15日、戦争終結を伝える昭和天皇の「玉音放送」を聞いた部屋が残されていると聞き、記者がたずねました。

 益子駅から車で10分ほどにある「つかもと」。益子焼の販売や陶芸体験、飲食店などを手がける同社の敷地内に、その建物はありました。小高い丘に立つ2階建ての和風建築。普段は公開されていませんが、お願いして中を見せてもらいました。

 重厚感のある玄関を入り、玉ねぎを逆さまにしたような形の装飾物「擬宝珠(ぎぼし)」がついた階段を上がると、廊下の両側に計7部屋が並んでいます。その一番左奥の部屋に「天皇陛下ご疎開の間」と表示が掲げられていました。ここが天皇陛下が玉音放送を聞いた部屋です。45年7月21日から終戦後に帰京する11月7日まで過ごしました。

 手前から8畳、10畳、5畳に分かれ、天皇陛下が玉音放送を聞いたのは8畳間。壁側に机が置かれ、普段は勉強部屋として使われていたそうです。「しっかり握りしめられた両手はかすかにふるえ、目がしらには涙があふれ光っていた」。当時の状況を、学習院軍事教官として立ち会った高杉善治さんが著書に残しています。

 居間として使われていたのが、隣の10畳の部屋。中央のテーブルには、向かい合うように座椅子とふたがついた湯飲み茶わんが二つずつ置かれていました。天皇陛下は1996年、地方産業視察のために益子町を訪れ、皇后さまとともにこの部屋で昼食をとりました。この時、案内役を務めた「つかもと」会長の塚本純子さん(81)は「(天皇陛下は)疎開当時を非常に懐かしがられた様子で、『お部屋の雰囲気は変わりませんね』」と話したそうです。

 その奥の5畳間の柱に、数本の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら