[PR]

 Kis―My―Ft2の「2015 CONCERT TOUR KIS―MY―WORLD」が9月20日、東京ドームでファイナルとなりました。大阪、福岡を経て、ラスト、5万5千人収容の東京ドームで4日間連続というのは、キスマイファンがさらに増えていることを表しています。

 また、客席を見ると、「付き合いで来た」ようには見えないノリノリの男性ファンがいたり、家族連れがいたりと、なんだか大先輩・SMAPのコンサートの客層に似てきたような気がします。

 曲目は、デビュー前からファンだった方たち、シングル曲のみを知っている方たち、そして、最近ファンになった方たちなど全てが満足できるもので、「すごく楽しかった」という声をたくさん聴きました。

 ちなみに、東京ドームのある水道橋駅近辺の居酒屋さんやカフェでは、店内BGMをすべてキスマイにして、ファンの皆さんを喜ばせてくれました。

 初日の17日はメンバーの北山宏光くんの誕生日当日で、ファンの皆さんからサプライズのお祝いがあったり、藤ケ谷太輔くんセレクトのバースデーケーキやプレゼントが渡されたりと、ドーム内が赤のペンライトで埋め尽くされるような“みっくん祭り”に。

 この日が取材日だったのですが、コンサート前の囲み取材では、あえて北山くんの誕生日には触れないようにしよう……と、リポーターさんや記者さんたちも会場でのサプライズに貢献したんですよ。

 北山くんは囲み会見のときにもMCコーナーのときにも自身の誕生日ネタがなかったことに、内心「あれ?」と思っていたそうですが、その後、大きな大きなサプライズが待っていたことには照れながらも大感激しているように見えました。今回のコンサートは藤ケ谷くんと歌う「証」が、「まさかの」アコースティックギター演奏によるデュエットで、ファンの皆さん以上に、2人には新鮮だったようです。が、その後「ホントの俺たちはこれだ」と言わんばかりに昨年以上に盛り上がった「FIRE!!!」では、進化した“藤北”を見せてもらったような気がします。

 今回はコンサートタイトルと同名のアルバム曲にメンバーのコラボ曲が4曲入っていて、「コンサートで、どんな演出になっているかも含め、楽しみにしていてください」とメンバーは口をそろえていました。

 “宮玉”(宮田俊哉くんと玉森裕太くん)の「BE LOVE」は衝撃的でしたし、プライベートでも大の仲良しで愛犬家でもある“わたたい”(横尾渉くんと藤ケ谷太輔くん)の「わんダフォー」は、「僕たちにしかやれない」と藤ケ谷くんが言っていたとおり、ある意味、度肝を抜かれました。

 そして“ニカ千”(二階堂高嗣くんと千賀健永くん)の「Double Up」は本当にかっこよくて……。昔からのファンの方ならご存じだと思いますが、デビュー前、2人は決して“後ろの4人”ではなかったんです。千賀くんがセンターの曲もありましたし、二階堂くんの見せ場がある曲もありました。そんな“実力派の弟コンビ”については、「見事に育ったね」という声が記者たちからもあがっていました。

 二階堂くんは北山くんと共に今回、コンサートの演出を担当したそうで、「ニカちゃんは北山くんにとって、育てがいのある『弟』だったのでは?」と、ある記者さんが言っていました。

 以前、女性誌でインタビューしたとき、「きたみつ(北山くん)に反論ばかりしていた頃の自分の意見は全部間違っていた」と振り返っていた二階堂くん。彼らの関係もまた進化したといえます。

 そんなコンサートツアーのファイナルのMC中のこと。客席の一部から黄色い声が上がり始めました。

 「カメラさん、写して!」と言うメンバーに応えて、カメラさんがとらえたのは、なんとSMAPの中居正広くんだったのです。あ、正式には舞祭組ファンの「するめさん」です。

 既にジャニーズ.ネットでも「…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら