[PR]

 安倍晋三首相が61歳の誕生日を迎えた21日にインドのモディ首相からツイッターで届いたお祝いのメッセージに返信する際、誤って別人に返事を送ってしまったことがインターネット上で話題になっている。

 モディ氏は21日、安倍氏の公式ツイッターあてに「誕生日おめでとう。長寿と健康をお祈りしています」とメッセージを送った。これに対し、安倍氏は「ありがとう。お会いできるのを楽しみにしています」と返信した。

 ところが、安倍氏はモディ氏のアカウント名「@narendramodi」宛てに返信しなければならないところ、誤って途中にスペースを入れて「@Narendra Modi」宛てに送信。そのため、返事は「@narendra」のアカウント名を使う別人に届いてしまった。

 安倍氏の返事を受け取ったのは米国の経営者で、「日本の首相は返信のやり方に習熟していないようだ……」とツイート。こうしたやりとりはネット上に残っているが、安倍氏が誤って送った元のツイートは削除され、22日に正しいモディ氏の宛先に返事が送り直されている。

 安倍氏の公式ツイッターのフォロワーは約53万人、モディ氏のフォロワーは約1500万人。

こんなニュースも