[PR]

 ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王は23日、米ホワイトハウスを訪れ、オバマ大統領と会談した。ローマ法王の訪米は2008年のベネディクト16世以来という。

 会談に先立って開かれた歓迎式典で、フランシスコ法王は「一人の移民の息子として、この国を訪問できて幸せだ」と述べ、個人の権利や信仰の自由が保障された寛容な社会作りで、米国と歩調を合わせていくと強調した。

 またオバマ氏が力を入れる気候変動問題にも触れ、「率先した取り組みを心強く思う。将来の世代に残してはならない問題だ」などと語った。

 オバマ氏は式典で、法王について「道徳的な権威を言葉だけでなく行動で示す指導者」と述べ、法王の仲介でキューバとの歴史的な国交回復が実現したことなどに謝意を述べた。ホワイトハウスによると、式典には1万人以上が招待された。

 会談後、法王は専用車に乗り込み、ホワイトハウスの周囲約1・5キロをパレードした。24日に連邦議会、25日にニューヨークの国連本部でそれぞれ演説。27日にはフィラデルフィアで大規模なミサが予定されている。(ワシントン=小林哲

こんなニュースも