[PR]

 ラグビーの第8回ワールドカップ(W杯)イングランド大会は23日、1次リーグがあり、初戦で南アフリカからW杯24年ぶりの勝利を挙げたB組の日本(世界ランキング11位)は、グロスターでの2戦目でスコットランド(同12位)に10―45で敗れて1勝1敗となった。勝ち点も4のまま。

 日本は前半、スコットランドに立て続けにPGを許し、0―6とリードされたが、前半15分にラインアウトからモールを押し込みマフィがトライ。五郎丸がゴールを決めて、7―6と逆転した。直後にPGを二つ許し再逆転されたが、その後は相手の猛攻を五郎丸のナイスタックルなどでしのぎ、5点差で前半を終えた。

 日本は後半6分、五郎丸がPGを決めたが、攻守の乱れから、スコットランドに5連続トライを許すなど、10―45とリードを広げられて試合を終えた。国際親善試合を含めたスコットランドとの対戦成績は1勝8敗となった。

 日本の先発メンバーは以下の通り。南アフリカ戦から6人を入れ替えた。

 ▽FW 稲垣(パナソニック)堀江(パナソニック)山下(神戸製鋼)トンプソン(近鉄)アイブス(キヤノン)リーチ(東芝)ブロードハースト(リコー)マフィ(NTTコム)▽HB 田中(パナソニック)立川(クボタ)▽TB 福岡(筑波大)田村(NEC)サウ(ヤマハ発動機)松島(サントリー)▽FB 五郎丸(ヤマハ発動機)