[PR]

(23日・ラグビーW杯、日本10―45スコットランド)

 マフィがいなくなった。

 後半4分のことだ。攻撃を活性化させていた日本の切り札は、芝に寝たまま起き上がれない。主将のリーチが駆け寄って右手をそっと握る。「後は任せろ」とでも伝えたのだろうか。

 だが、マフィの穴は大きかった。日本がいくらボールをつないでも、スコットランドの堅守をあと一歩のところで破れない。ミスからの切り返しで陣地を大きく戻される。23分、日本の持ち味である短いパスを奪われ、相手WTBに70メートル近く走られた。10―31。3トライ3ゴールを決めて、やっと追いつく点差だ。ここで勝負の大勢は決した。

 南アフリカから大金星を奪い、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら