[PR]

(23日・ラグビーW杯、日本10―45スコットランド)

 日本はスコットランドに研究し尽くされていた。

 後半24分の失点が象徴的だった。日本は敵陣に攻め込み、ゴールラインが見えてきた。立川からツイにボールが渡り、いったん内の田村に戻した後、外にいたサウへのパスをスコットランドのシーモアにインターセプトされた。約70メートルを走りきられ、10―29と突き放されるトライとなった。

 相手を揺さぶるはずのプレーがピンチを招き、失点につながった。立川は「インターセプトは向こうが狙ってきた部分。こっちもアタックする時、気をつけようと言っていた。修正しないといけない」。

 大会組織委員会の集計によると…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも