[PR]

 即位から70年近くになるタイのプミポン国王(87)は、国家の要であり国民統合の中枢を担ってきたが、このところ健康の衰えが深刻になってきた。王室当局が発表する容体報告の頻度が増し、最近は、通常なら終末期を迎えた人のために祈る仏教の儀式を王女が主宰したりもしている。

 タイの経済活動は精彩を欠き、政治は昨年来、軍政下にあり、国王の健康状態をめぐって国中に今後への憂慮が広がっている。

 これまでは国王に寄せる崇敬の念だけが、分裂した国民をつなぎとめることができたのだが、タイの君主制の将来はどうなるのか、あやしくなってきた。

 法定の王位継承者はワチラロン…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも