[PR]

 米アップルの新しいスマートフォン端末「iPhone6s/6sプラス」の発売を翌日に控えた24日。東京・銀座の一等地に構える「アップルストア銀座」を訪れると、普段どおりの「ほどほど」のにぎわいだった。そう、昨年のiPhone発売日までは恒例だった大行列が今年はなかったのだ。昨年は1千人以上が列をなしたアップルストア表参道も同じだという。なぜか――。

 新型iPhoneの発売日といえば、アップルファンにとっては「まつり」。いち早く新モデルに触れようと、会社を休み、徹夜をする人たちが全国のアップルストアに少なからず並んだ。一種の「風物詩」でもあった。

 だが、昨年は少し様相が違った。日本で「6/6プラス」が売り出された時点で、中国ではまだ発売されていなかったことなどから、中国人らが大挙して日本のアップルストアに押し寄せたのだ。中国へ運んで高値で転売しようと、日当を払って列に人を並ばせ、仲間を横入りさせるつわものもいて、他の客とのトラブルがあちこちで起きた。風物詩と呼ぶにはやや殺伐とした幕開けになった。

 そこで、アップルは今年から大規模な行列ができないよう手を打ったとみられる。実際に前日までに行列ができなかった理由は、おもに二つ挙げられる。

 ひとつは、中国でも日米などと同じく、25日から売り出されることだ。日本で買ったiPhoneを中国に転売するメリットがなくなるので、今年は中国人が殺到することはないとみられる。

 もうひとつは、今年から発売初日の事前予約を徹底させることだ。例年なら、予約がない人にも一定数を店頭で売ってきたため、予約なしに並ぶ人が多かった。だが、アップルの広報担当者によると、今年は発売初日である25日は予約のある人以外には売らないという。事前の予約も、受け取れる時間帯を区切ってあるそうだ。

 アップルストアの各店舗で、1時間あたりに予約を受け付けた人数は百人前後だとみられる。となると、25日朝に並ぶ人も多くて100人にとどまる。行列がまったくないわけではないが、例年のiPhone発売日に比べると、やや落ち着いた幕開けとなりそうだ。(藤田知也)