[PR]

 次世代の党は25日、平沼赳夫、園田博之衆院議員の離党届を受理した。平沼氏の離党で党首が不在となり、10月1日に中山恭子参院会長が新代表に就任するまで和田政宗幹事長が代行を務める。衆院議員2人が離党し、同党は参院議員5人のみとなった。

 園田氏は7日、平沼氏は15日にそれぞれ離党届を提出。安全保障関連法の審議が終わったため、25日の党両院議員総会で受理した。いずれも自民党に復党する見通しだ。

 昨年7月の結党以降、党首を務めてきた平沼氏は現在、病気療養のため入院している。和田氏は「ご病気の関係もあり、ご家族、後援会の強い意向で自民党への復党を希望している」と説明した。

こんなニュースも