【動画】「エーイ」などの声を上げて槍術の型を披露した=小川綾撮影
[PR]

 奈良市の興福寺東金堂(国宝)前で26日、宝蔵院流槍術(そうじゅつ)の奉納演武会が開かれた。

 槍術の一流派である宝蔵院流は、1550年ごろに興福寺の僧胤栄(いんえい)が考えたとされる。2人で組み合い、長さ3・7メートルの素槍を持った人が技をしかけ、槍の先が十文字になった長さ2・6メートルの鎌槍を手にした人が技を受けながら攻撃に持ち込むという。

 師範代らが「エイ」「ヤア」とかけ声を上げながら35ある型を約1時間にわたって披露した。

 スイスから訪れたマーカス・マ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く

無料会員に登録いただくと続きをお読みいただけます。すでに無料会員の方はログインして続きをお読みください。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く