[PR]

 「自由と生命を守る映画監督の会」は26日、安全保障関連法成立に対しての抗議声明を発表した。声明は「表現者として、否、一個の人間として」安倍政権を許すことが出来ないとしたうえで、「すべての『憲法と平和』を守る人々と連帯し、全力を挙げて戦うことを宣言する」と締めくくられている。同会は恩地日出夫、平山秀幸、深作健太、杉井ギサブローの各氏ら日本映画監督協会所属の46人の監督が有志として参加している。

こんなニュースも