【動画】瀬戸内海の猫の島・佐柳島で撮影会=佐久間泰雄撮影
[PR]

 猫の島として知られる佐柳島(香川県多度津町)で27日、猫をモデルにした写真撮影会(全日本写真連盟香川、岡山両県本部主催)があった。県内外から44人が参加し、瀬戸内海の島でのんびりと暮らす猫たちの姿を撮影した。

 参加者は坂出港からチャーター船に乗り込み、瀬戸大橋の下を通過し、多度津町沖約15キロにある佐柳島を目指した。船内では、撮影会の講師を務める犬猫写真家の新美敬子さんが「その猫の『猫となり』を写し取る謙虚な心が大切。『撮らせてくれてありがとう』という気持ちを忘れずに」と撮影の心構えを話した。

 佐柳島の本浦港に到着すると、海辺の道や路地から猫たちが姿を見せた。近くの集落には、防波堤の上を歩く猫、日陰でまどろむ猫もいた。アングルや背景、猫の動きなど新美さんからアドバイスを受けながら参加者はさかんにシャッターを切っていた。

 本浦地区自治会長の藪陽さん(74)によると、本浦にいるのは、住民が餌を与えるけれど家には入れない「半野良猫」がほとんどという。「15年前は50匹程度だったが、今では100匹を超えているのではないか」と話す。

 母親と一緒に岡山市から参加した佐藤恵梨さん(16)は、持参したスケートボードに腹ばいになって撮影していた。「ローアングルから撮れて迫力があった。ここの猫は人なつこいけど、べたべたせずに人と距離感があってよかった」と話していた。

 人口89人(8月1日現在)の離島での撮影について、埼玉県所沢市から来た塩崎綾子さんは「集落を歩く人影はなく、音もしなかった。でも瀬戸内海の風景は素晴らしい」。

 これまで世界70カ国を旅して猫や犬を撮影してきた新美さんは「ここの猫は警戒心がなくて、のんびり。私たちを温かく迎えてくれた」と話した。(佐久間泰雄)