料理記者の先駆けで、テレビ番組「料理の鉄人」での「おいしゅうございます」のセリフで人気者になった岸朝子(きし・あさこ)さんが22日、心不全のため死去した。91歳だった。葬儀は近親者で行った。11月14日にお別れの会を開く予定。喪主は次男俊行さん。

 東京都生まれ。女子栄養学園(現・女子栄養大学)を卒業後、1955年に主婦の友社で料理記者に。68年に女子栄養大出版部に移り、「食と健康」をテーマにした月刊誌「栄養と料理」の編集長を務め、繁華街の食べ歩きや、日本各地の家庭料理の紹介など、グルメ記事の先駆けとなる企画を次々に打ち出した。79年に料理書などの編集プロダクションを設立。「料理の鉄人」(フジテレビ系)には93年から6年間、審査員として出演した。

 晩年も全国の料理店などを精力的に取材し、雑誌などに記事を掲載。若い世代の食生活に危機感を持ち、講演で食の大切さを訴えていた。

 主な著書に「岸朝子のおいしいお取寄せ」(文化出版局)、「このまま100歳までおいしゅうございます」(東京書籍)。

 父は日本にカキの養殖を広め、「世界のカキ王」と呼ばれた宮城新昌さん。