[PR]

 東京都港区の公共住宅で2006年6月、高校2年の市川大輔(ひろすけ)さん(当時16)がエレベーターに挟まれて死亡した事故で、業務上過失致死の罪に問われた「シンドラーエレベータ」(東京都江東区)の元課長ら4人の判決が29日、東京地裁であった。杉山慎治裁判長は、同社元保守第2課長の原田隆一被告(46)については「事故を予想できなかった」として無罪(求刑・禁錮1年6カ月)とした。

 一方、事故時に保守業務を担当していた保守会社「エス・イー・シーエレベーター」(東京都台東区)の3人の被告については「事故を予想できた」と判断。同社の会長鈴木孝夫被告(72)と社長の西村裕志被告(56)は禁錮1年6カ月執行猶予3年、元メンテナンス部長の根本邦男被告(69)は禁錮1年2カ月執行猶予3年とした。3人の弁護側は即日控訴した。

 エレベーターはシンドラー社製で、市川さんが降りようとした際に扉が開いたまま上昇。市川さんは建物の天井とエレベーターの床に挟まれた。裁判では、事故原因とされるブレーキ部品の異常摩耗の発生時期が最大の争点となった。

 検察側は、シンドラー社が保守点検をしていた04年11月には「異常摩耗が始まっていた」と主張したが、判決はこれを否定。エス社の点検員が最後に点検した06年5月時点では異常摩耗が発生していたと判断し、「その兆候を見逃した原因は同社の保守管理体制にある」と結論づけた。

 ただし、判決は量刑理由の中で…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら