[PR]

 「県庁所在地の駅とは思えない」「寂しすぎる」とインターネットなどで話題になる大津市のJR大津駅。JR西日本と市は駅ビルを改修することを決め、1日、具体的な計画を発表した。建て替えずに見た目を維持して再塗装などを進め、テナントをそろえて再生をはかる。

 駅ビル(2階建て)は1975年開業。名産品店など十数店舗が営業していたが、昨年3月までにコンビニ店などを残して閉店した。老朽化と商業施設の少なさなどから、約1800人への市のアンケート(2013年)では、約57%が外観の改修を望んだ。

 市とJRは13年2月から改修に向け協議。現在の駅ビルを「県都にふさわしいデザイン」と評価し、外観は大きく変えず、「シンプルですっきり」を改修のコンセプトとした。

 ひさしや柱を再塗装するほか、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら