[PR]

 ダッカで28日夕、オランダのNGOに所属する50代のイタリア人男性が何者かに銃で撃たれ、死亡した。アメリカのイスラム過激派研究機関SITEによると、過激派組織「イスラム国」(IS)が、殺害を認める声明を出した。バングラデシュの警察当局は「確認中」としているが、声明が事実ならば、イスラム教徒が大多数を占めるバングラデシュで、ISの活動が確認される初の例となる。

 AP通信などが伝えた。現場は大使館や高級アパートなどが並ぶ地域で、外国人が多く住んでいる。(ニューデリー=貫洞欣寛)

こんなニュースも