[PR]

 政治団体「日本歯科医師連盟」(日歯連)が石井みどり参院議員(自民)らの後援会に「迂回(うかい)寄付」をした疑いがある問題で、東京地検特捜部は30日、日歯連前会長の高木幹正容疑者(70)=岐阜県美濃加茂市=ら元幹部3人を政治資金規正法違反(収支報告書の虚偽記載など)の疑いで逮捕し、発表した。

 ほかに逮捕されたのは、前副理事長の村田憙信(よしのぶ、70)=千葉県浦安市=と元会長の堤直文(73)=熊本市=の両容疑者。弁護人らによると、高木前会長は逮捕前、「詳しい資金の移動状況は知らなかった」などと容疑を否定していたという。

 発表などによると、高木、村田の両容疑者は2013年参院選前の同年1月23日、実際には日歯連から「石井みどり中央後援会」に5千万円を寄付したのに、西村正美参院議員(民主)の後援会を経由して寄付したとみせかけ、政治資金収支報告書に虚偽の記載をした疑いが持たれている。日歯連は同年3月にも石井後援会に4500万円を寄付しているため、合計すると、政治団体間の寄付上限額である年間5千万円を超える寄付をした疑いもある。

 また、堤、村田の両容疑者は西…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら