[PR]

 愛知県春日井市のラーメン店で起きた強盗殺人事件で、宮地良多容疑者が名古屋市熱田区で捜査員の追跡を振り切った後、岐阜県大垣市まで約38キロ歩き、さらに大阪まで電車で移動して逃走していたことがわかった。愛知県警は計約80キロもの距離を歩いて逃げた目的や、経路を詳しく調べている。

 県警によると、宮地容疑者は28日午後8時ごろ、県警春日井署での任意聴取の合間に「任意なら帰らせろ」と言って庁舎外に出た。その後、直線距離で約15キロ南の名鉄神宮前駅(名古屋市熱田区)付近まで約6時間かけて歩き、追跡していた捜査員を振り切って逃走した。

 1人になった宮地容疑者はさらに約38キロ北西のJR大垣駅(岐阜県大垣市)まで歩いて移動し、JR大阪駅(大阪市北区)まで電車に乗った。降車後、捜査員に身柄を確保された大阪府岸和田市内の実家まで約27キロを歩いたとみられる。実家には妻と幼い2人の子どもがおり、宮地容疑者は任意の事情聴取の際、妻子を気にかけていた様子だったという。

 宮地容疑者は29日午後10時…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら