[PR]

 JR西日本は30日、アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」をあしらった山陽新幹線の概要を発表した。「500 TYPE EVA PROJECT」と銘打ち、11月7日から2017年3月まで博多―新大阪間を1日1往復する。

 紫を基調にした外装の「こだま」(500系・8両編成)の1号車を「展示・体験ルーム」とし“エヴァ号”のパネルやジオラマ展示のほか、作品に登場する巨大ロボット「エヴァンゲリオン」の操縦席をイメージした模型を設置し、搭乗体験できる。入室や体験には事前予約が必要。

 2号車には座席や通路にエヴァンゲリオンの世界観をイメージした装飾をあしらい、通常の自由席として利用できる。詳しくは特設サイト(http://www.500type-eva.jp/別ウインドウで開きます)へ。